スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS愛媛ジャッジ問題について

CS愛媛、スタンダードクラスの決勝トーナメントでの出来事。

《妖精神官アンドロメダ》で、トラッシュにいる間対象にとれないはず《ルナティックシール》を回収。

対戦相手の親はジャッジに抗議をするも、ジャッジはその現場を見ていなかったという理由でゲームをそのまま続行させ結局試合は《ルナティックシール》を使用したプレイヤーが勝利する。

これが今回の事件だそうです・・・、がいまさら何を言っても結果は変わりません。
公式からの何らかの発表も恐らくないでしょう。

巻き戻しはなし、基本的にルール問題に関しては自己申告、 と大会ルールとして公表されてるから、 ジャッジの行動としては間違ってない・・・ということなのか?

とにかく今更なにを言っても結果は変わらないので、以降バンダイさんは同じ過ちを繰り返さないように改善していってほしいです。






スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ぐち - 2011年03月01日 06:56:25

どうしてこんな結果になったのか(^_^;)他のサイトでも見て思ったが…
まあ、私は今回の件は決してジャッジミスでは無いと捉えますね。

NoTitle - ごれむ - 2011年03月01日 13:50:14

なぜ相手方も気づかなかったんでしょうかね。

まぁジャッジが悪いのは確かですが。

コメ返し - 阿修羅 - 2011年03月03日 01:49:59

ぐちさん>

今回のことがあって次回からは慎重になるでしょうね。

今回は結果としてルナは回収されず、正しい処理がなされたので良かったです。

ごれむさん>

基本的にCSではルール関連については申告制なので、小学生は特に気をつけなければいけませんね。  

トラックバック

URL :

プロフィール

阿 修 羅

Author:阿 修 羅
バトスピ情報まとめサイト。
※相互リンク常時募中です!
↓ランキング参加中!! ポチッと押して頂けると嬉しいです(^^)

おススメTCGサプライ商品

カウンター
今月のTCGおすすめ商品

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。